会員登録

世界文化遺產・玉門関遺跡の秋の風景

2014-10-22 14:13:06     cri    

 秋深まる10月、たそがれ時を迎えた世界文化遺產・玉門関遺跡に夕日が差し、その重厚さ、壯観さがより一層増している。遠くから眺めると、まるで油絵のように美しい景色だ。中國新聞網が伝えた。

 甘粛省敦煌市から北西に90キロの距離にある玉門関遺跡は、前漢時代に西域の和田(ホータン)で產出された玉を中原へ運ぶための中継地となったことから、その名がつけられたと言われている。同遺跡は中國において最も完全な狀態で保存された漢代の関所建築群の1つで、2014年6月に世界文化遺產に登録された。(編集SN)

 「人民網日本語版」

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS