会員登録

成都市 農地で恐竜時代の生物「カブトエビ」と「ホウネンエビ」を発見

2015-06-03 09:17:20     cri    

 成都華希昆蟲博物館の調查チームは5月末、四川省成都市郊外の天彭鎮の農地で、恐竜時代の2種類の生物、「カブトエビ」と「ホウネンエビ」を発見した。カブトエビは、目が三つあるため、「三眼恐竜蝦」とも呼ばれる。両側の黒い目は複眼で、視力を持つ。間には白い目があり、光を感じることしかできない。農地からはこのほか、美しい形をした、鮮やかな色���ホウネンエビが発見された。仙女のように美しいことから、「仙女蝦」とも呼ばれる。「人民網日本語版」より

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS