「正月二十日、岐亭に往く。郡人 潘、古、郭の三人 余を女王城東の禪荘院に送る」蘇軾

2017-09-14 09:27  CRI

「正月二十日、岐亭に往く。郡人 潘、古、郭の三人 余を女王城東の禪荘院に送る」蘇軾

00:00:00
00:00:00

 「二月は逃げる」なんて日本では言いますが、こちら中國でも春節休みが明けていよいよ本格的に新しい年がスタートと思ったら、もう2月も殘り1週間となりました。百花繚亂の花の季節までは、まだまだですが北京でも「花の兄」と呼ばれる梅の花だよりが屆くようになりました。決して派手な花ではありませんが、獨特の香りが存在感を際立てます。さて、今日はちょうど今頃の詩、蘇軾の 「正月二十日、岐亭に往く。郡人 潘、古、郭の三人 余を女王城東の禪荘院に送る」を紹介します。

「正月二十日、岐亭に往く。郡人 潘、古、郭の三人 余を女王城東の禪荘院に送る」蘇軾

 作者、蘇軾は北宋の詩人。號は東坡で蘇東坡の名前でもよく知られています。四川省眉山市の人。22歳で進士になりますが、王安石の新法に反対し左遷されることになります。今回の詩は、左遷先の湖北省黃州でのものです。タイトルの「正月二十日」は、ここにやってきて一年目のお正月のようです。數畝の荒れ地を耕しと5句目で言っています。左遷されている訳ですから、自ら鋤を持ち畑を耕すかなり厳しい生活を送っていたことがわかります。そのすぐ次の句では、半分になった濁り酒を君たちの為に溫めてあると言っています。この君たちとは村人のことでしょう。左遷され心身ともに辛い生活なのにめげることなく村人と親しくしている様子がわかります。最後の二句は、1年前に都から黃州への下る道中の情景です。落膽していたでしょうに道端の梅の花に心が動く。どこをとっても、後世に名を遺す詩人は違うなぁと思います。

コメント()

ラジオ番組
10月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_週一劉睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_週二小燕齊鵬130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_週三謝東劉非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_週四劉睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_週五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車週末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1