四川省成都で古代水彩印刷絵の作品展実施

2018-04-17 11:12  CRI

圖片默認標題_fororder_1
浙江省杭州の「十竹斎蕓術館」の館長である魏立中さん(右)。
國家級無形文化財「木版水印絵」の伝承人であり、今回、會場まで訪れて子供に指導をした。

 四川省の美術家協會と四川大學美術館の共催による古代水彩印刷絵の「十竹斎木版水印蕓術作品展」が14日、成都にある四川大學美術館で開催されました。主催者によりますと、このジャンルの絵畫は元點「古代彩色版絵印刷術」と呼ばれ、絵畫、彫刻、印刷を一つにまとめた技法で、「畫刻印三絶」と言われてきました。そして、2014年に國家級無形文化財に登録されました。(とんとん、森)

圖片默認標題_fororder_2
真剣に作品を撮影する來場者

圖片默認標題_fororder_3
作品に見入っている女の子

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
馬玥