江南らしい風情を味わえる千燈古鎮 江蘇省昆山市

2019-08-28 11:41  CRI

圖片默認標題_fororder_昆山1
ドローンで撮影された千燈古鎮(撮影・季春鵬)。

 江蘇省昆山市の千燈鎮には2500年以上の歴史がある。ここは明末清初にかけての傑出した思想家、顧炎武の故郷だ。古鎮は現在も、水路と陸路が走り、川沿いに街が広がる祧Lの目のような構造と、「小さな橋が架かり、川の水が流れ、人家が集まる」昔ながらの素樸な姿を留めており、江南らしい風情を味わいに訪れた多くの観光客で賑わっている。新華網が伝えた。(編集YF)

 「人民網日本語版」より http://j.people.com.cn/

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
沈圓