馬雲氏、「來世ではステキな女性になりたい」 2019世界女性起業大會

2019-08-29 13:49  CRI

圖片默認標題_fororder_20190829-3-1

 このほど開催された2019世界女性起業大會(Global Conference on Women and Entrepreneurship)で、阿堣琱琚]アリババ)グループ會長の馬雲(ジャック・マー)氏が講演を行った。その中で馬雲氏は、仕事をやり遂げるためには男性に頼り、仕事をきちんとやるには女性に頼る必要があるとし、素晴らしい仕事をやり遂げるには男女が一緒になってやる必要があるとした。また、「どんなにすごい男でも、女性から離れたら、役立たずになってしまう」とした。

 馬雲氏は、アリババの女性技術者が全體に佔める割合はわずか13%だが、デザイナーはその51%が女性だとし、アリババのAIアシスタント「天貓精霊(Tmall Genie)」の製品コーディングは男性社員が行ったが、デザインは主に女性社員が完成させたと紹介した。

 さらに馬雲氏は、「ロボットの世界においても、美と質の基準を決めるのはやはり女性。女性が製品開発に関わることで、世界はさらにその美しさを増すことになるだろう」とした。

 講演の最後を馬雲氏は、「どんなにすごい男でも、女性から離れたら、役立たず。私は來世ではステキな女性になりたいと思う」と締めくくった。人民網日本語版」より

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
馬玥