映畫「我和我的祖國」、建國大典前夜描いた「前夜」予告が公開

2019-09-13 17:15  CRI

圖片默認標題_fororder_20190913-3-1

 映畫「我和我的祖國(Me and my country)」はこの1カ月以上にわたり、7つの歴史的な瞬間を描いたストーリーの予告編を公開してきた。そのうち管虎(グアン・フー)監督の「前夜」は、1949年10月1日の建國の大典の前夜を描いている。天安門広場の旗のポールを設計し、設置した林治遠さん(演・黃渤)らが、一分一秒を爭い、數多くの問題を乗り越え、建國の大典で中國初の五星紅旗が無事掲揚されるよう奮闘する物語だ。國際在線が伝えた。

 1949年10月1日午後3時、北京の天安門広場で行われた建國の大典にて、毛主席は全世界に「中華人民共和國中央政府が本日成立した」と宣言した。その後自ら電動國旗掲揚ボタンを押し、新中國初の五星紅旗がゆっくりと掲げられた。これはすべての中國人にとって、非凡な意義を持つ歴史的瞬間であった。

 従來の主流映畫と異なり、「前夜」は建國の大典という輝かしい瞬間や天安門の城樓の上に並んだ偉人の姿に重點を置かなかった。管虎監督は「歴史的な大きな変化における普通の市民の人生経験」にスポットを當て、林治遠など徹夜で働いた労働者や祖國に思いを寄せる一般の人點を描いた。黃渤(フアン・ボー)が演じる林治遠は當時の建設局技術責任者で、天安門広場の旗のポールを設計し、設置した人物でもある。黃渤は役柄に近づくため、演技でも自らポールに上り、溶接など危険な作業もこなした。撮影中には手に傷を負ったという。黃渤の他に、王千源(ワン・チェンユアン)、歐豪(オウ・ハオ)、梁靜(リャン・ジン)、佟大為(トン・ダーウェイ)らが演じる人物にもモデルがいる。そのため物語がよりリアルで感動的になり、溫もりを帯びている。

 映畫「我和我的祖國」は7つのストーリーに分かれている。新中國成立から70年間の7つの歴史的瞬間を題材としており、中國の繁栄・興隆の70年の縮図と言える。7つのストーリーはいずれも普通の市民が主役だ。建國の大典の前夜に國旗を無事に掲揚するため一分一秒を爭った作業員、初の原子爆弾実験成功の堸で人知れず青春を捧げた科學研究者、北京五輪の開催期間中の親切なタクシー運転手など、本作は祖國の輝かしい瞬間をで支えた一般人にスポットを當てている。全國民に共通する記憶を一つにし、より現実に根差した、心溫まる記念映畫となった。

 本作は9月30日に全國で上映される。人民網日本語版」より

圖片默認標題_fororder_20190913-3-2

圖片默認標題_fororder_20190913-3-3

圖片默認標題_fororder_20190913-3-4

圖片默認標題_fororder_20190913-3-5

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
馬玥