<日本人スタッフのつぶやき396∼続・ミニ鉄道公園を見てきました>

2019-09-26 18:33  CRI

 こんにちは、日本人スタッフの森です。前號に引き続き、北京市內に最近オープンした鉄道に関する公園を紹介しましょう。9月下旬に訪問しました。

圖片默認標題_fororder_(1)

 左に見えるのは高架路線を走る電車の「五道口」という駅で、かつてはこの線と並行した鉄道が道路を橫切っていました。寫真の正面には以前、踏切手の詰め所があり、右端には橫斷自動車用の信號機が忘れ形見のように殘されています。ちなみに中國語で“道口”とは「踏切」の意味です。

圖片默認標題_fororder_(2)

 ここから振り向くと、その廃止路線を記念した小さな公園があります。寫真の「京張」とはその路線の名前で、北京と2022年冬季五輪會場となる張家口を結んでいました。現在、その五輪開催に向けて、この真下に高速鉄道が建設されています。

圖片默認標題_fororder_(3)

 廃線跡上に竹を編んだトンネルがあり“時光隧道”=タイムトンネルと名づけられ、歴史を象徴しています。ここを通ってさらに歩くと、

圖片默認標題_fororder_(4)

圖片默認標題_fororder_(5)

 レールや枕木が添えられ、またその脇にはベンチや簡単な花畑もあります。ただし、このレールはオリジナルではないようです。

 直線狀に続くこの廃線小道の両側には、様點なパネルや説明書きがありました。

圖片默認標題_fororder_(6)

圖片默認標題_fororder_(7)

圖片默認標題_fororder_(8)

 鉄道の過去の歴史や今回の公園建設への歩み、そして鉄道公園の拡張計畫などが展示されています。

圖片默認標題_fororder_(9)

 北京から張家口まで全長201.2キロ、とレリーフに書かれています。

 この歴史ある鉄道が“平改立工程”と呼ばれる踏切解消工事を経て、最新の高速鉄道に生まれ変わります。年末に開通予定で、今から初乗りが楽しみです。(森 雅継)

コメント()

ラジオ番組
11月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_週一劉睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_週二小燕齊鵬130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_週三謝東劉非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_週四劉睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_週五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車週末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
沈圓