連休中も毎日乗務!若き高速鉄道列車長の奮闘 四川省

2019-10-10 10:09  CRI

圖片默認標題_fororder_1

 國慶節(建國記念日、10月1日)7連休期間中、多くの人が休暇を楽しんでいる間も、「90後(1990年代生まれ)」の高速鉄道女性車內乗務員である張萌萌さんが業務を休むことはなかった。1991年生まれの張さんは、中國鉄路成都局集団有限公司重慶旅客運輸區間高速列車一隊の若き列車長(乗務責任者)だ。業務態度が優れている彼女は、成都・重慶旅客運輸區間高速列車の列車長に選ばれ、國慶節の連休中も業務にあたり、忙しく充実した日點を過ごした。人民網が伝えた。

圖片默認標題_fororder_2

 

 「朝5時に起床して準備をし、6時にはホームで列車の入線を待つ。乗務する最後の列車は午後11時32分に重慶西駅に到著する。毎回乗務の後には総括をして、細かいところまでしっかりと行って、乗客に満足のいく乗車體験をしてもらうようにしている。大変だけれどとても充実している」と張さんは言う。國慶節の大型連休は旅行や外出のピーク。重慶-成都間の高速鉄道は列車の運行密度が高いため、乗車クルーのメンバーは毎日10時間以上勤務し、4-6往復の乗務をこなさなければならない。張さんは、「連休でも仕事を休まず乗務にあたるのは一種の責任であり、すべての乗客を安全で快適に目的地まで送り屆けることが自身とチームにとって最も神聖な職務だ」と考えている。(編集AK)

圖片默認標題_fororder_3

圖片默認標題_fororder_4

 「人民網日本語版」より

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同