【CRI時評】ポンペオ長官はなぜ「火事場泥棒」をするのか

2020-03-29 21:24  CRI

 米國大統領の副補佐官を務めた経験のあるベン・ローズ氏は最近になり、ポンペオ國務長官を代表とする米國の一部政治家による中國に汚名を著せようとする動きを批判し、「新型コロナウイルスを『中國ウイルス』や『武漢ウイルス』と稱する國は一つとしてない」と指摘した。

 米國現政権の中でも「反中の急先鋒」であるポンペオ長官は、新型コロナウイルスについての「陰謀論」を作り出して拡散し、國內外でのさまざまな機會を利用して、中國に汚名を著せようと攻撃をしている。その冷戦思考とイデオロギー上の偏見に満ちた論調は人點を驚かせ、また、現在の感染症と戦うための全世界の協力にとって深刻な障害をもたらしている。

 米國のトランプ大統領が最近になり、より主動的に國際協力に參加する姿勢を示したことが、人點の関心を集めている。トランプ米大統領は中國の最高指導者である習近平國家主席との電話會談で「米中両國が障害を確実に排除し、感染症との戦いでの協力にエネルギーを集中できるよう、私自身が取り組む」と述べた。ところが、ポンペオ長官はこの情勢の変化に順応しようとせず、それとは逆に「騒ぎ立てる」ことを堅持して、感染症との戦いでの中米両國の協力を妨害しようと我を張っている。

 國際問題を扱う多くの學者は、ポンペオ長官は意図的に自らを「対中強硬派」に仕立てようとしているとの分析を示している。その目的は、特殊な利益を持つ一部の集団の求めに迎合し、米國でますます不確実さを増す政界での角逐において個人としての利益を最大限にむさぼり、政治的資本を蓄積していくことで「大統領の玉座を狙う」政治上の野心だという。

 政界ウオッチャーからは、ポンペオ長官が米國中央情報局(CIA)時代のうそと欺瞞と竊盜の手口を外交の舞臺に持ち込んで、全世界における米國の孤立局面を劇化したことで、米國の感染症との戦いをさらに困難にしたとの批評が出ている。

 米誌「フォーリン・ポリシー」によれば、米國國務院は各種の醫療物資が緊急に必要になったことを受け、上級外交官に対して、外國の一部政府や企業に圧力をかけ、米國向けの醫療防護設備の生產と輸出を増やすよう要求した。

 「非常事態」に突入した現在の米國にとって、感染症対策は火急の大事だ。ポンペオ長官に、自らの政治上の私利ために米國社會の公共の利益を人質にさせておいたのでは、米國は高い代償を支払うことになる。また、孤立の道をますます遠くまで歩むことになる。(CRI論説員)

コメント()

ラジオ番組
5月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_週一劉睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_週二小燕齊鵬130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_週三謝東劉非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_週四劉睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_週五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車週末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
沈圓