米國マスメディアは政治的幻想に過ぎない

2020-03-29 11:15  CRI

圖片默認標題_fororder_C
政治とポップカルチャーを主に扱う米國リベラル係ニュースサイト
「デイリー・ビースト(The Daily Beast)」

 中米間の貿易摩擦をめぐって中國國際テレビ局(CGTN)の女性キャスター劉欣氏と公開討論を行った米Foxビジネス・ネットワークの女性司會者トリッシュ・レーガン氏が離職しました。

 「ニューヨーク・タイムズ」の報道によりますと、Foxビジネス・ネットワークは13日、レーガン氏の番組を一時的に取りやめ、27日には解約を発表したということです。

 レーガン氏は今月の番組で、「民主黨は新型肺炎の責任をトランプ大統領に押し付けようとしている。その目的は大統領を再び弾劾することにある」と語りましたが、この言論は直ちに猛烈な批判を浴びました。CNNビジネスチャンネルは、「Fox社は新型肺炎の問題でいかに視聴者を誤った方向へと導いたのか」という番組內で、キャスターらが感染症による影響を意図的に過小化し、ウイルスを利用して民主黨を攻撃した証拠などを明らかにしました。

 CGTNの女性キャスター劉欣氏はWeChatのモーメンツ上で彼女への失望を表し、「公開討論後、彼女の中國に対する態度に注目し続けているが、ますます敵意に満ちていることが分かった。さらに、『中國なしの世界』に憧れている節もある。あまりにも失望した結果、彼女とこれ以上の意思疎通を行う努力を諦めた」と述べました。また、彼女が解約されたことについて、遺憾の意を示すとともに、「今回のことで教訓を汲み取り、自我やイデオロギーに翻弄されないようになってほしい」との考えを表しました。

 政黨に傾くことは米國メディアの伝統です。Fox社は保守主義陣営の旗手として、「トランプ大統領の立場に協調を保つ」傾向にあると見られています。新型肺炎発生後、各キャスターはトランプ政権の政治的利益を守るため継続的に視聴者に「陰謀論」といった言論を吹聴していました。しかし、米國で確認された新型肺炎の感染者數が10萬を突破したことを背景に、Fox社のキャスターらは相次いで論調を変えていましたが、レーガン氏だけは相変わらず「陰謀論」の大げさな宣伝に執著していました。これは米國民を欺く行為です。Fox社は世論及び広告主の圧力で止むを得ず、レーガン氏を解雇しました。

 米國では、メディアが「第四権力」と標榜していますが、実際のところ、黨派闘爭や市場化運営の道具になってしまい、ただの政治的幻想に過ぎないのかもしれません。(非、星)

コメント()

ラジオ番組
6月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_週一劉睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_週二小燕齊鵬130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_週三謝東劉非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_週四劉睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_週五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車週末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
沈圓