【CRI時評】団結と協力によって「第2の機會」を捉えよ

2020-03-30 21:18  CRI

圖片默認標題_fororder_微信圖片_20200330211547

 全世界の多くの場所で現在、新型コロナウイルスの感染症が猛威を振るい、拡散しつづけている。いかなる國も、自らの都合だけを考えることはできない狀況だ。國際社會は団結と協力を、過去のいかなる時期と比べても必要としている。先日開催された、主要20カ國・地域(G20)の指導者による特別サミットでは、中國の指導者である習近平國家主席が國際的協力の全面強化を呼びかけた。

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は先日、多くの國は過去2カ月間という長い期間にわたって必要な準備と必要な措置の採用をしっかりとせず、新型コロナウイルス肺炎を抑制する最初の機會を浪費してしまったと、無念さをにじませて語った。テドロス事務局長は各國に対して、積極的な措置を取り第2の機會を無駄せぬよう呼びかけた。

 G20の特別サミットが合意を達成したことは、國際社會が感染症と戦う上での第2の機會を捉える助けとなる。感染症の戦いでの全世界が協力する方向性はすでに明確だ。その鍵となるのは、特別サミットの成果を実現することであり、そのためには、國際的な感染症との戦いを妨害する行為を徹底的に排除せねばならない。

 実際のところ、G20特別サミットの聲明が提唱した國際協力はまさに、中國がこれまで提唱し、その身をもって力を入れてきたことだ。感染症が発生して以來、中國は公開、透明、責任を負うという原則を堅持し、WHO及び米國を含む関連國家に感染症の情報を速やかに通報してきた。その中には、ウイルスの遺伝子配列の情報を直ちに伝えたことも含まれる。中國はまた、感染症に対する予防・抑制活動と治療の経験を、余すことなく各方面と共有し、必要とする國にはできうる限りの支援と援助を提供している。中國は3月26日までに4回に渡り手配することで、89カ國と國際組織4団體に対して感染症との戦いを支援した。

 「感染症の発生は避けられない。しかし、感染症の拡散は避けられる」。これは、公衆衛生の分野で國際的に広く言われている名言であり、全世界が団結と協力を強めるための力とすべき言葉だ。

 感染症に直面して、國際社會は人類運命共同體という理念を、それまで以上に強く認識するようになった。ウイルスという共通の敵に直面して、國際社會は団結と協力を武器として、感染との戦いに勝つために強大な力を結集せねばならない。國際社會は人類と感染症との深刻な戦いに、共に勝利せねばならない。(CRI論説員)

コメント()

ラジオ番組
8月4日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_週一劉睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_週二小燕齊鵬130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_週三謝東劉非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_週四劉睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_週五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車週末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帥