【CRI時評】汚れた米政治屋に「ネット浄化」を語る資格なし

2020-08-08 14:36  CRI

   ポンペオ米國務長官は現地時間8月5日、いわゆる「國家安全」を理由に、「クリーンネットワーク」計畫を発表し、通信事業者、アプリケーションストア、アプリケーション、クラウドサービス、ネットワークケーブルの五つの面で中國企業の影響を排除することを意図している。トランプ大統領は翌日、行政令に署名し、中國のSNS企業に制限措置を課した。

   21世紀の今日、ポンペオ氏とその一派は「技術上の鉄のカーテン」を降ろし、相互接続が可能な情報世界から中國を排除することを企んでいる。彼らは中國の情報技術企業が米國の安全に「危害を與える」と妄言している。ポンペオ氏が懸命に進めるいわゆる「クリーンネットワーク」計畫自體はクリーンではなく、実質的には中國の情報科學技術企業への政治的迫害である。

   逆に、米國は同盟國を含む世界各地にも、インターネットの「魔手」を伸ばした。2013年にメルケル獨首相の攜帯電話を米國が十數年にわたって盜聴していたことが明らかになり、2018年に米國はロシアにサイバー攻撃を仕掛け、イタルタス通信の関連ネットワークが數日間ダウンした。同年9月にはトランプ大統領が15年ぶりの「ネットワーク戦略」を承認し、米軍が先進的なサイバー兵器を自由に配備し、攻撃的なネットワーク行動を実施できるようにした。米國こそが、サイバー攻撃の最大の黒幕で、世界のネットワークセキュリティの最大の脅威であることは、多くの事実が証明している。汚れた米政治屋が、どのような顔で「クリーンネットワーク」を語ろうというのか。

   だが、グローバル化が大きく発展した今日、米國は中國企業を世界の舞臺から排除できるか否かは、まず経済法則がそれを許すかを見なければならない。中國の5G分野の研究開発のレベルはすでに世界トップクラスにある。市場価値ランキングトップ10のインターネット企業のうち、中國企業3社がランクインしており、安全性と信頼性はすでに市場の検証を経ている。さらに重要なのは、中國の巨大な市場は各國の情報技術產業の発展のために広點とした舞臺を提供し、互恵・ウィンウィンの巨大なビジネスチャンスを生み出したことだ。

   米國は自國の門戸を閉じることができるかもしれないが、中國を世界から切り離すことはできない。今の世界では、開放・融通を旨とする時代の流れを止めることはできない。ポンペオという「史上最悪の國務長官」のいわゆる「クリーンネットワーク」計畫は、笑いの種と汚點をつくり出すに過ぎない。(CRI論説員)

コメント()

ラジオ番組
9月25日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_週一劉睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_週二小燕齊鵬130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_週三謝東劉非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_週四劉睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_週五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車週末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍