会員登録

世界一の大仏「楽山大仏」の神秘を探る

2017-11-27 12:39:38     cri    

 楽山大仏は、淩雲大仏とも呼ばれています。世界最大の仏像だとされるこの大仏は中國四川省楽山市の南、岷江東岸の淩雲山にあり、大渡河、青衣江と岷江が合流する地點に臨み、山であり、仏像でもあり、3世代の職人が約90年かけて完成させたものです。

 楽山大仏は山を背に建造され、仏像の頭部が山頂と同じ高さとなり、両手が膝の上に置き、両足が河に踏む形となっており、均整のとれた體つきと厳かな表情を見せています。仏像の彫刻は細部に至るまで精巧そのもので、古代職人の知恵を感服させると同時に、畏敬の念を覚えさせます。

 「楽山大仏はスフィンクスやネイル河谷にある王家の谷など、世界の他の石刻と匹敵できる」、「こんなに奇妙な自然と文化の景観があるなんて不思議に思う」と、國連世界遺產委員會の上級顧問を務めるジム・サンセール博士は1996年に楽山大仏を見學した際にこのように語りました。彼の目から見た楽山大仏は世界に公認された著名な石刻蕓術の逸品と匹敵できるものだということです。

 「楽山大仏は中國の僧侶が殘してくれた貴重な財產であり、古代労働者の汗と知恵の結晶であることから、全人類の遺產として保護すべきだ」と、國連世界遺產委員會の専門家シルバー教授はこう語りました。歴代に大切に保護されてきたため、千年の歴史を経た楽山大仏は現在も完璧な狀態となっています。

 精緻極まる仏像の彫刻で名が知られる楽山大仏は、敦煌石窟、雲岡石窟、龍門石窟、大足石刻と共に中國の「五大石窟」と併稱されています。歴代の楽山人民の保護により、楽山大仏は全人類の共同遺產となりました。(寫真提供:楽山大仏風景區)

関連ニュース
寫真トピックス
コメント