会員登録

「『一帯一路』は、香港経済発展の新たなエンジン」

2018-02-04 13:06:24     cri    

 「國家の需要に香港の長所を─『一帯一路』構想がもたらすチャンスを摑む」をテーマとしたフォーラムが3日、北京で行われました。政府高官のほか、120人余りの香港の商工業界、各専門業界のリーダー、170社余りの國有企業のトップら380人以上が出席しました。

 香港と大陸の政府や業界から出席した代表らは、「香港は、『一帯一路』建設において重要な場所である。今後、『一帯一路』構想の実行や広東・香港・マカオ大灣區の建設がもたらすチャンスを摑み、経済発展に新たな原動力を注いでいくべきだ」と指摘しました。

 香港特別行政區の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は、講演の中で「香港は『一國二制度』という原則を踏まえて、國の発展の大局に據え、発展を目指して香港の長所を國の需要に合わせ、國と香港の未來の発展に貢獻していきたい」との意向を示しました。

 また、林鄭行政長官は、「金融と投資、インフラ整備と水上運輸サービス、経済貿易交流と協力、人民の結びつき、広東・香港・マカオ大灣區建設の推進、連結協力と爭議の解決に関するサービスの強化といった、六つの重點的分野から『一帯一路』建設に積極的に関與していく」としました。その上で、「香港がいかに『一帯一路』建設への參加を実行させていくのかは、政府の政策の焦點となる」と強調しました。

 一方、中國人民銀行の範一飛副総裁は「香港は重要な金融センターであり、特に人民元のオフショアセンターである。『一帯一路』沿線諸國が自國の通貨で投資と融資を行うことをサポートすることができる」と指摘しています。なお、香港の関係部門では、「一帯一路」プロジェクトの融資にさらなる便宜を図っています。

 中央企業は「一帯一路」建設の重要な力とされています。データによりますと、香港で上場した中央企業は121社で、時価総額は4兆8000萬香港ドルに上り、香港の資本市場の重要な一部となっています。國務院國有資產監督管理委員會の肖亜慶主任は、「國有企業が香港のプラットフォームの優位性を利用して、海外市場の開拓や『一帯一路』建設へ參加していくことを引き続き支援していく」としました。(藍、星)

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS