会員登録

中國の民間企業、海外への投資に自信

2018-02-07 16:16:17     cri    
 「一帯一路」に関するデータについて、國家情報センターが去年発表したレポートによりますと、影響力に関する會社別ランクで、上位50社のうち民間企業が42%を佔めています。「一帯一路」の建設が進むにつれて、民間企業の投資が活発化し、対外投資への自信が強まっている様子です。

 山東省済寧市にある老舗の紡績會社「如意グループ」は、以前からパキスタンやバングラデシュなど南アジアへ織り糸などを盛んに輸出していました。そして「一帯一路」の構想が打ち出されてから、海外で產業拠點の建設に取り組み始め、今は現地生產を果たしています。

 ほかにも多くの會社が海外に活動拠點を構えて、成果を挙げています。

 浙江省にある華立グループは、2005年にタイで「羅勇工業団地」を建設しました。政府級の海外生產拠點となったこの工業団地は中國の投資家向けに作られたもので、「一帯一路」が進行するにつれて成長を果たし、新技術や新エネルギー、新素材、自動車部品、機械、電子などの分野で中國企業101社が立地しています。華立グループはこれで海外投資への自信が深まり、去年8月には2ヵ所目の海外拠點として、メキシコで「華富山工業団地」の建設を始めました。年內には拠點を構え稼動する會社が生まれそうです。(朱 森)

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS