会員登録

モルディブ元大統領の発言は事実無根=外務省

2018-02-08 20:30:12     cri    
 外務省の耿爽報道官は8日、「モルディブのナシード元大統領による中國が同國の土地を掠取しようとしているという発言は、全く根拠のないことだ。モルディブへの援助には政治條件は一切付帯しておらず、中國とモルディブの協力は両國と両國國民の共通の利益に一致するものだ」と述べました。

 ナシード元大統領はこのほどメディアに投稿し、「ヤミーン大統領は私腹を肥やす過程において、モルディブの主権を売り渡している。中國などの國外勢力はモルディブの土地の略取に関與しており、それには重要なインフラ施設と公共施設が含まれている。このような行動はモルディブの獨立性を妨げるだけではなく、インド洋地域全體の安全保障を脅かすものだ」と述べました。

 この発言に対して、耿報道官は、「ナシード氏が大統領の任にある時に、中國政府はモルディブへの援助を始め、実務協力を推進していた。その當時の援助も奪取だったというのだろうか。モルディブへの援助は、同國の主権と獨立性を損なうものではないし、インド洋地域全體の安全保障を損なうなどありえないことだ。中國とモルディブの友好協力関係は両國と両國國民に向けられたものであり、両國と両國民共通の利益にも合致するものだ」と強調しました。(任春生、む)

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS