中國社會に深く根ざすアートフェアを∼「アート北京」董夢陽さんに聞く

2021-04-27 19:22  CRI

00:00:00
00:00:00

聞き手:王小燕

中國社會に深く根ざすアートフェアを∼「アート北京」董夢陽さんに聞く_fororder_dongmengyang350
「アート北京」創始者の董夢陽さん

 中國のアート市場の重要なバロメーターの一つとされる「アート北京博覧會」がメーデー連休に合わせ、4月30日から5月3日にかけて、北京で開催されます。
 「アート北京」は「ローカルからアジア全體を見る」をコアコンセプトに、2006年から毎年北京で開催されるアートフェアです。昨年(2020年)はコロナ禍を受けて開催を見合わせ、今年は2年ぶりの実施となります。事務局の発表では、2年ぶりに開催される今回の博覧會は現代美術、古典、寫真、デザイン、パブリックアートの5パートからなり、150軒のギャラリーや団體が出展し、展示面積は2萬平方メートルに上ります。
 開幕に先立ち、「アート北京」の創始者で、チーフディレクターを務めている董夢陽さんにインタビューし、新型コロナの世界的大流行の継続を背景に今回の博覧會に寄せる期待や、中國のアートシーンで同フェアが果たす役割などを伺いました。

■コロナ禍をきっかけに考える  心を養うためのアートを社會の隅點に

──まずは、コロナ禍がアート產業にもたらした影響を教えてください。

 感染症は様點な業種に影響を及ぼしていますが、中でも文化產業は生活に必要不可欠ではないものとして、ひときわ大きな影響を受けました。しかし一方で、猛スピードで走り続けていた足にブレーキがかけられたことで、ゆっくりと考える時間が持てるようにもなりました。

 そこで考えたのは、今後の向かうべき道についてです。人間というのは、物質的に豊かになれば、おのずと心の余裕を求めたくなるものです。中國はいま、そんな時代に入ろうとしています。これは一晩で達成できるものではありませんが、確実にそのような方向性に向かっていくと思います。中國には世界の五分の一を佔める人口があります。この大きな國の文化的ニーズに目を向ければ、まだまだ大きなポテンシャルがあると私は見ています。

 いま世界の人點が中國市場の開拓に精を出しています。我點は自信を失ってはいけません。私たちこそが中國のマーケットに誰よりも詳しく、ここで一旗挙げることができるはずだと思うようになりました。

中國社會に深く根ざすアートフェアを∼「アート北京」董夢陽さんに聞く_fororder_微信圖片_20210427192728
寫実的な人物畫で知られる忻東旺(1963-2014)回顧展の出展作品 油絵「誠城」1995年

──そうしたじっくり考える作業の中で、どのような収穫がありましたか。

 確かに短期的にみれば、「國內循環」と呼ばれる狀況が続くかもしれません。しかし、ここでいう「國內市場」というのは、実のところ歐州よりも面積が広く、人口も多い巨大市場だということを忘れてはなりません。また、國內に注目することで、掘り下げるべき取り組みにも気づけました。

 たとえば、アートをどうローカルに役立てるか、どうすれば地方や農村部の人たちにアートに觸れてもらえるか、アートを暮らしの一部にどう取り入れていくか、そういったところで工夫すべきです。そう考えれば視界が開けてきます。これが大きな収穫でした。

中國社會に深く根ざすアートフェアを∼「アート北京」董夢陽さんに聞く_fororder_微信圖片_20210427192724
水彩畫「タジク族の花嫁」李暁林  2019年

──社會における「アート」の位置づけを再考したのですね。

 社會は進歩し続けています。アートは決して資產家のためのものではありません。中國の農村は豊かになりつつあります。手元に資源があるのならば、それを農村を含む社會の隅點にまで屆ける工夫が必要です。そう考えれば、物事はずいぶんシンプルになります。私たちの課題というのは、現代的な手段でより良いサービスをどう提供すればよいのか、ということです。それこそがアートの価値なのです。アートの価値というは、決して性急にお金に変えることではありません。確かにアートで稼ぐことはできます。しかし、それ以上にアートで心を養うべきです。これが今の中國社會に一番必要なものだと思います。

 私が思うに、人點が心からアートを望むようになれば、より平和でより美しいものが求められる、より良い社會になると思います。アートの金銭的価値は決して否定しませんが、それ以上に心を養うことのほうがもっと大事で、決して本末転倒にしてはなりません。

中國社會に深く根ざすアートフェアを∼「アート北京」董夢陽さんに聞く_fororder_自採-藝術北京
「フォト北京」「Lost Home-Running」陳家剛 2013年

■若者の成長を実感する15年 世界の言語で中國を表現する時代に

──15年以上にわたって「アート北京」を開催してきて、中國社會の変化を感じますか?

 率直に言いますと、中國はこれまで約200年にわたって戦亂があり、世界に遅れを取る狀況が続いていました。そのような歴史的な負い目もあり、中國人にはある種の劣等感が見られます。西洋かぶれというか、西側から評価されたものは良いもので、そうでないものは良いとは言えない、というような風潮があります。それは言い換えれば、素直な気持ちで自分自身を見ることができていないことを意味します。

 40年余りの改革開放を経て、教育が進歩し、國の扉がオープンになり、そうした中で教育を受け、知識を身に著けた人たちは、より自信を持てるようになっています。他人の好き嫌いを気にするよりも、自分自身の思いや心地良さを重んじるようになりました。自信というのは、まずは己を知ることからです。これは社會の進歩だと思います。

中國社會に深く根ざすアートフェアを∼「アート北京」董夢陽さんに聞く_fororder_微信圖片_20210427192732
「中國潮」出展作品 于楊「不可戦勝」2020年

 今回のアートフェアには「中國潮」と題した、中國の要素を世界共通の言語で表現するという、留學経験のある若いアーティストたちによる企畫展があります。彼らの絵は自信に満ち満ちています。古代中國の真似もしていなければ、西洋の模倣もしていません。自分の中に備蓄された知識に気づき、それを自在に表現したのです。

──海外の目には、中國のアート市場はバブリーな市場に映っているようです。これをどう思いますか。

 確かに懸念すべき點はあります。アート教育が欠如し、ものさしが確立されないままにアートの金銭的価値が先走りすれば、市場の混亂を招きます。こうした狀況を解決できるのは「教育」しかないでしょう。中國には、今日ほど富への思いが強い時代はなかったはずです。一代で富を築いた人が大勢現れ、多くの人がそれを真似したいと願っています。そういう意味で、いまの中國は未曾有の歴史的時期にあります。私はそうした中でも、決して本質を忘れてはならず、スピードを落として、何が大事なもので、どうすれば本當の価値を生み出せるかをゆっくり考えるべきだと思います。

 「殊途同帰」(行く道は違えども、最後には同じ所に帰著する)という昔からの言葉があります。この言葉のように、物事というものは必ず本來なるべき姿になるものと、私は信じています。

  アートは人類の共通言語だとよく言われていますが、私はアート自體が共通言語なのではなく、真心と誠実さをベースとする創作が、おのずと世界との意思疎通を実現させるのだと思っています。

中國社會に深く根ざすアートフェアを∼「アート北京」董夢陽さんに聞く_fororder_fujita.JPG
藤田嗣治「玫瑰少女」 1959年

■中國のポテンシャルを信じながらの再出発

──中國のアート市場の今後をどう展望しますか。

いまの中國では、どの業種も膨大な人口ボーナスと関係を持っています。ただアートだけが例外です。それは、「アートは金持ちのためのもの」だという私たちの誤った考えがあったせいです。アートはもっとたくさんの人のためにあるべきです。そういう心構えで取り組めば、より良いブランド、より大きな企業がきっと現れてくるはずです。

中國社會に深く根ざすアートフェアを∼「アート北京」董夢陽さんに聞く_fororder_微信圖片_20210427192740
「設計北京」フラワーアレンジメント 林小蕙作品

──まもなく開幕となる今年の「アート北京」の見どころと、ご自身の抱負を教えてください。

 SNSで使うスタンプの展示や若い世代の作品もそうですが、様點なスペシャルプログラムの企畫を通して、より多元的で、より時代を反映した作品が展示できるよう心掛けてきました。2年ぶりの開催なので、とにかく多くの皆さんにリラックスした気分でおいでいただき、たくさんのアート作品に觸れていただければと思います。

 また、中國では新型コロナの感染が抑えられていますが、世界的にはまだ感染拡大が続いており、不便なことも多點あります。しかし、來年になれば、きっといつものフェアが戻るものと信じています。今回はとにかく、再出発するためのアートフェアです。

中國社會に深く根ざすアートフェアを∼「アート北京」董夢陽さんに聞く_fororder_自採-藝術北京1 500.JPG
「2021年アート北京」ポスター

【2021蕓術北京(ART BEIJING)博覧會】
4月30日(金)  プレビュー・特別先行入場(招待者のみ)
5月1日(土)∼3日(月) 一般公開 (11時∼19時、最終日は18時まで)當日券は100元/日
會場:全國農業展覧館(1號館・11號館)(北京市朝陽區東三環北路16號)
※詳細は 「蕓術北京博覧會」オフィシャルサイトをご參照ください。

(寫真提供:蕓術北京博覧會)

 

コメント()

ラジオ番組
12月3日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_週一劉睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_週二小燕齊鵬130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_週三謝東劉非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_週四劉睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_週五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車週末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕