東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い

2021-07-20 19:13  CRI

00:00:00
00:00:00

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い
7月17日 北京・王府井に集まった「章魚會」の仲間たち

 コレクターの間で「ピン」と呼ばれている「ピンバッジ」、世界各地でその交換(「ピントレーディング」)を楽しむファンが大勢います。その人気ぶりは「五輪の非公式競技」と呼ばれているほどです。
 中國語では、ピンがついているか否かは関係なく、「バッジ」のことを「徽章」と言うため、コレクターたちは「徽章(フイジャン)」から一文字を取って、中國語では「タコ」を意味する「章魚(ジャンユィ)」と自稱し、様點な「章魚會」を結成して活動を続けています。北京では、17日の土曜日、北京冬季五輪組織委員會の公式行事として、「ピンバッジ文化週間」が中心部の商業街・王府井で開催されており、コレクター向けの「ピントレーディングセンター」もこの日から正式に発足しました。

 「ピン」の魅力はどこなのか。間もなく開幕する東京オリンピックに対して、中國の「章魚」たちはどのような思いを抱いているのか、マイクを向けてみました。

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_備選.JPG
7月17日 北京・王府井で行われたピントレーディングの會場 

■1896年アテネ五輪&2008年北京五輪に遡るピンバッジの歴史

 ピンバッジのオリンピックでの登場は、1896年にギリシャで開かれたアテネ大會に遡ります。選手、審判、大會役員、メディアなどを判別する目的で、厚紙で円形のバッジをつくったのが始まりでした。後に出場選手は互いに祝福を送る意味を込めて、身に付けたバッジを交換し始めましたが、一般客の間でピントレーディングが広まり始めたのは、1980年のモスクワ大會からだとされています。

 誕生から百年余りの間に、材質の改善とデザインの多様化につれ、ピンバッジはオリンピックにまつわる思いを乗せたメモリとなり、オリンピックの精神や文化を伝える媒介そのものとなっています。

 ところで、中國では、2008年北京オリンピックが大きなきっかけとなり、ピンバッジの魅力に目覚めてコレクターになった人が多い。普通のスポーツファンもいれば、選手や役員、ジャーナリスト、収集家もいます。

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_雪花2.JPG

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_雪花.JPG
7月17日 北京・王府井「工美大廈」で開催中のピンバッジ展
北京のコレクターから出品された600枚あまりの雪印のピンバッジ、6年あまりをかけて収集したという

 いまやベテラン「章魚」として知られる孫暁曄さんは、本職は中國でスポーツを統括する國家體育総局訓練局の副局長です。2008年北京五輪の時に、仕事柄、選手村に良く出入りしているうちに、気づいたらコレクションが大量に増えていました。「小さなピンに大きな世界があり、一枚一枚に天地が広がっている」と孫さんはピンバッジに感じた魅力をこう話してくれました。

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_11.JPG
2008年からピンバッジの収集を始めた孫暁曄さん
東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_x
「私にとって初めての東京五輪のNOCピンです」と孫さん

 孫さんは、いま付けているピンの中には、「タコの會」のオリジナルデザインによる「タコ」のピンもあれば、北京冬季オリンピックのために作成した豪華版ピンもあります。そして一番目立つ場所につけたのは、組市松紋の細長いピンです。「つい最近入手したばかり」という「東京オリンピック委員會」のピンだそうです。「交換でようやく入手したもの。僕にとっては、東京オリンピック初のNOCピンになる」と満足気な笑顔をほころばせました。

 孫さんによりますと、ピンはざっくり4種類に分けられます。つまり、ライセンス商品、非売品で、選手やコーチにしか配布しない各國オリンピック委員會のNOCピン、協賛企業ピンにメディアピンです。

 「何年もかけて探し続け、ほしいピンをようやく入手した時のあの嬉しさ、言葉では言い表せません。いくらお金があっても買えられない嬉しいことですよ」と孫さん。

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_DSC01096.JPG
自慢のコレクションをベストにした北京のコレクター

■「小さなピンに広がる大きな世界」に惹かれて

 新たにオープンしたピントレーディングセンターの成立式に、トリノ冬季五輪のペアスケーティングで銀メダルを獲得した張丹さんの姿がありました。彼女にとって、胸につけた、小さなトーチが入っているピンバッジには生涯忘れられない思い出がにじみ出ていると言います。

 「これはトリノ冬季五輪の選手やコーチに配布されたピンです。私にとって、多くの人に知っていただいた大會だったので、重要な意義があります。このようにして、小さなピンを目にする度に、たくさんの思い出がよみがえってきます」と穏やかな笑顔を見せました。

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_都靈2.JPG
トリノ冬季五輪銀メダリストの張丹選手

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_都靈.JPG
張丹選手が重寶するトリノ五輪のピンバッジ

 會場には、SNSのWechatで500人余りの「タコ」チャットグループを管理している王舒さんの姿もありました。元喫茶店経営者で、今は北京収集家協會體育専門委員會副主任を務める王さんは、ピンのだいご味は、「各國選手とピンを通して交流できることにある」と話しています。

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_微信圖片_20210717144513
2008年からピンバッジの収集を始めた王舒さん

 2008年、當時の王さんはオリンピック選手村の西門で喫茶店を経営していました。彼の店には、各國の代表団関係者がよく訪れていました。

 「ある大雨の日、オーストラリア代表団の団員4人に傘2本を貸してあげました。後日、その方たちが傘を返しにきてくれましたが、2本の中の1本がほかの人にもっていかれたので、1本しか返せないと実に申し訳なさそうでした。その代わり、その方はピンバッジを1枚くれました。後で知ったことですが、とても珍しいピンでした。そのピンが、私にとって人生初のピンバッジコレクションとなりました」

 王さんは2008年から、北京五輪に出場した國・地域代表団のピンバッジの収集に専念してきましたが、「十數年経っても、なかなか見つからないピンが何枚もあります。もしかして、これからは一生をかけて探し続けるかもしれません」と微笑みながら話しました。

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い
王舒さんのコレクションの一部、左下のチンパンジーのピンは北京五輪に參加した
ルワンダ代表団のNOCピンで、わずか1000枚の限定版

 北京オリンピックでボランティアをしていた張文全さんにとって、一番思い出深いピンは「謝謝」と書いてあるピンです。

 「國際オリンピック委員會が私たち北京五輪のボランティアに授與したピンですよ」と鼻が高い。

 今は會社員の張さんは、2008年以降、ピンバッジや五輪トーチをはじめ、オリンピックグッズの収集にすでに30萬元を費やしてきたそうです。そして、今の一番の夢は東京五輪のトーチを入手したいことだと話します。

 「私の家には収集したオリンピックトーチが約30本あります。日本のトーチは桜のデザインをしていて、とても美しい。ぜひ手に入れたいです」

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_小王子.JPG
2008年北京五輪ボランティア・張文全さん

 張さんは來年年初開催の北京冬季五輪のボランティアにも応募し、ピンバッジやオリンピックグッズを通して結んだオリンピックとの縁はまだこれからも続きそうです。

■東京五輪、何よりも「無事と安全を祈る」 

 ピントレーディングセンターが発足後、初めての交換會には、東京オリンピック関連のピン、あるいは過去に日本で出されたピンに高い評価が出されました。元來から、日本の精巧なデザインが「タコ」たちの間で人気が高く、とりわけ、ドラえもんなど人気キャラクターを取り入れたメディアピンは、容易に入手できないようです。

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い
コレクターが収集している日本のピンバッジ

東京五輪開幕間近 中國のピンバッジコレクターたちの思い_fororder_微信圖片_20210717144452
2008年北京五輪記念・日本のメディアピンの中で一番人気が高いと言われているピン

 中國のすぐ隣で開催される東京オリンピックに対し、王舒さんは約50人の「タコ」仲間たちと前點から心待ちにしてきました。早くも2019年から、ピントレーディングのために五輪開催中の東京へ行く計畫を立ててきました。ビザの取得に航空券と住まいの確保、萬事整ったところで新型コロナウイルスの感染拡大が起きました。今は「とにかく大會が順調に、円滑に終わること祈っているのみです。無事に成功を収めてこそ、コレクターがより大きな収穫を得る可能性があるからです」とあきらめ顔でした。

 一方、仕事柄、スポーツ選手とよく付き合う孫暁曄さんは、感染症対策のため渡航できなくなったことは「殘念に思うが、コロナ禍での開催を考えると、規制に対し理解はできる」とし、「ただし、選手の皆さんはオリンピックに向かって、夢を胸に頑張り続けてきたので、彼らには舞臺を與えるべきだと思う」と東京オリンピックの無事開催を祈り、選手たちの素晴らしいパフォーマンスに期待する」と話しました。

 東京とのピントレーディングは、しばらくはオンライン形式で続きそうですが、「コロナ収束後に、東京にぜひ行きたいし、日本の皆さんにも北京にぜひ來てほしい。來年になれば、冬季オリンピックの魅力をぜひ北京で感じてもらいたい」と、先を見越した「タコ」たちの聲もたくさん聞こえました。

(取材&記事:王小燕、王帥)

【リンク】 
ピンバッジで冬季五輪盛り上げる トレーディングセンターも=北京
コロナ下の東京五輪、中國のピンバッジコレクターたちの聲

◆ ◆

 この番組をお聞きになってのご意見やご感想をぜひお聞かせください。メールアドレスはnihao2180@cri.com.cn、お手紙は【郵便番號100040 中國北京市石景山路甲16號中國國際放送局日本語部】もしくは【〒152-8691 東京都目黒郵便局私書箱78號 中國國際放送局東京支局】までにお願いいたします。皆さんからのメールやお便りをお待ちしております。

コメント()

ラジオ番組
12月4日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_週一劉睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_週二小燕齊鵬130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_週三謝東劉非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_週四劉睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_週五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車週末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕