私はこう生きてきた 長老から若者へのメッセージ ∼早稲田大學元総長西原春夫さんに聞く

2021-09-28 20:15  CRI

00:00:00
00:00:00

聞き手:王小燕

 秋は中國では新學年、日本では新學期が始まる季節です。世界がコロナ禍などで不安定な狀況が続く中、若者たちは人生をどう有意義に過ごせるか。若者たちに啓発的なヒントを與えてくれる方にゲストに來ていただきました。
 早稲田大學元総長の西原春夫さん(93歳)は、もともとは刑法の専門家でした。刑法の世界のみならず、「戦爭は犯罪の総本山」という認識に基づいて、世界の琱[的平和を構築することをライフワークにしています。現役を退いた後も、世界平和の実現に向けたメカニズムを國際法や平和運動の視點などから模索し続けています。
 西原さんは2020年から、「少なくともまず東アジアを戦爭のない地域に」と提言し、平均年齢85歳以上の日本人の長老20人とともに、「東アジア不戦推進機構」をたちあげ、自ら代表を務めて先頭に立って活動を続けています。
 93歳になっても、若者顔負けの元気さを見せている西原さん。健康長壽の秘訣や、人生の過ごし方などをめぐりインタビューしました。

私はこう生きてきた 長老から若者へのメッセージ  ∼早稲田大學元総長西原春夫さんに聞く_fororder_MrNishihara450
法學者、早稲田大學第12代総長(1982-1990)西原春夫さん

◆ストレスとともにいるからこそ健康長壽でいられる

──93歳になっても矍鑠(かくしゃく)としていらっしゃる秘訣を教えてください。

 世の中の人點は、ストレスがない方がいいんだと言っています。確かに、ストレスが大きすぎるとノイローゼになったり、體がおかしくなったりすることがあります。ところが、ストレスって、ある程度要るんですよね。

 私は若い時から、運動部のリーダーをやっていました。中學、高校、大學時代はずっと運動部でした。大學時代は、大學紛爭を第一線で対応する役職をやらされ、就職した後は法學部長、総長をやらされ……組織の長をやる中で、朝から晩まで頭を使う訓練を受けてきました。しかも、ものすごいストレス受けるんですよね。そういう訓練を受けてきたんです。

──體とともに頭も使う。そして、それが結果的に良い訓練になったということですか。

 はい。私は本來、線の細い敏感な文學少年だったんですよ。人の言うことを気にして、泣き蟲でした。その後、朝から晩までものを考えるような生活を送ってきました。そのため、93歳になった今でも、物事をやる時の手順を朝から晩まで考えているわけです。それで、課題がなくなったら、次の課題を作り出す。だから、若いのだと私は思います。

 つまり、頭を使っていないと體が動かなくなります。頭を使うと、體中の細胞が沸き立ってくる。そうすると、體も元気になると思っています。だから、定年を過ぎても仕事をしていたり、趣味をやっている人のほうが健康長壽なのです。

◆人生の意味を満足させることこそが人間の存在意義

──人生には喜怒哀楽はつきもので、時には悲しい出來事やダメージを受ける體験もありますが、そういったものとどう向き合い、立ち直ってきましたか。

 私は若い子供の時は涙もろく、多情多感な文學少年でした。そのままでしたら、いろんなことに耐え切れず、今日の私はなかったと思います。それが、そういうものに耐えられる力をつけてきたことで、それを防げたのだと思います。

 それだけじゃなくて、そういう中で、私が段點と思いを強くしたのは、良いことも悪いことも、全ては天のシナリオなんだということです。そのように感じるようなことが、積み重なってきたんですね。年を取るにつれて、感情が少し鈍くなってきたこともあるかもしれないけれども、全ては天のさしずなんだと、嘆いてもしょうがないという考えがだんだん強くなってきたから、喜怒哀楽を越えられるようになったんだと思います。

──自分の追い求める目標があることも不可欠のようですね。

 さっきも話しましたが、私は線の細い文學少年でしたから、対立や喧嘩が嫌で、自分がするのも嫌ですし、人が喧嘩するのを見るのも嫌なんですね。そういうわけで、周りで喧嘩があったらそれを止めたくなる。そういう経験を段點と積んできました。「東アジアを戦爭のない地域にしましょうよ」という提案をするのも、そこから出てきたのかなというふうに思うんです。

 安全保障の理論というのは、どこの國でも敵が攻めてきたら、どうやって國を守るかが本旨なんだということを、誰もが認めているわけですよ。だからこそ軍事力を持って、軍事力を拡張して、他國が攻めてきても防衛しようっていうことをやるわけでしょう。しかし、考えてみると、「敵が攻めてきたら」と考えるのは、卻って敵を想定し、相手を敵に回してしまう側面がありますよね。

 そこで、私が考えたのは、攻めて來ないようにすりゃいいわけです。つまり、対立が簡単に解決しないなら、一つ高い次元に立つ。それにより、物事は解決できなくても、それが戦爭に至らないようにすることができるというふうに考えています。それを私は「超克の理論」と言っています。今でも毎日、どうすればそれをもっと多くの人に屆けて発信できるかを考えています。だから、元気なのだと私は思います。

──人間が生きることの究極の意義についてどうお考えですか。

 人間というのは威張っているけれども、まったく偶然にこの世に存在したわけですよね。だから、「どう過ごそうと勝手だ」と言えば、勝手なんですが、ただ人生っていうのは、たった一回しか與えられないわけですよ。數十年、長くても百何年です。

 そこで、私はこういうふうに考えています。せっかく與えられた人生の意味を満足できるようにするために、人間はこの世に存在する。自分がこの世に存在することの意義をできるだけ大きくするというのが、人間のあり方として一番望ましいんじゃないかと思います。これを人生の目標にすべきではないでしょうか。

 何を大きいと考えるか、どうやって大きくするか、これは人によってまったく違う。自分で學ばざるを得ないものです。これはある程度、今の若い方にも理解していただける生き方じゃないでしょうか。私はそうやって生きてきたつもりでいます。

(整理:王小燕)

◆ ◆

 この番組をお聞きになってのご意見やご感想をぜひお聞かせください。メールアドレスはnihao2180@cri.com.cn、お手紙は【郵便番號100040 中國北京市石景山路甲16號中國國際放送局日本語部】までにお願いいたします。皆さんからのメールやお便りをお待ちしております。

コメント()

ラジオ番組
12月4日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の擔當者 劉叡琳_fororder_週一劉睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の擔當者 王小燕&斉鵬_fororder_週二小燕齊鵬130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の擔當者 謝東&劉非_fororder_週三謝東劉非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 劉叡&孟群_fororder_週四劉睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の擔當者 任春生_fororder_週五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通車週末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協會_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中國_fororder_9中國網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中國123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中國百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕