会員登録

北京臨空國際免稅城項目啟動 計劃2020年建成(北京空港圏國際免稅シティが2020年に落成)

2018-01-18 08:25:15     cri    

北京臨空國際免稅城項目啟動 計劃2020年建成

  北京臨空國際免稅城項目1月12日在北京臨空經濟核心區正式啟動。據悉,該項目由中國國旅股份有限公司、首都機場集團、順義區政府共同打造。將對標國際一流臨空商業項目,全力打造"全球第一臨空商業綜合體"。項目總投資120億元,總面積80萬平方米,計劃于2020年建設完成。

  據介紹,北京臨空國際免稅城項目選址緊鄰北京首都國際機場南側,距離T3航廈僅600米。通過設計,北京臨空國際免稅城可與T3航廈、城際鐵路聯絡線樞紐、T2有軌電車站點無縫連結。京津冀144小時過境免簽政策,更為過境旅客消費提供了寬鬆和便利的政策環境。首都國際機場國內外旅客,以及順義城區、北京市區、京津冀地區人口都將成為北京臨空國際免稅城的潛在消費群體。

北京空港圏國際免稅シティが2020年に落成

 北京空港圏國際免稅シティの建設プロジェクトが12日、北京空港圏経済核心エリアで正式にスタートしました。同プロジェクトは世界一流の空港圏ビジネスプロジェクトの基準に基づき、「世界一の空港圏ビジネス総合エリア」の構築を目指しています。投資規模は120億元(約2066億円)、敷地面積は80萬平方キロに及び、2020年までに落成する予定です。

 また、北京空港圏國際免稅シティは北京首都空港付近に位置し、第3ターミナルから南へわずか600メートルの距離です。計畫では、第3ターミナルや空港と市中心部を繋ぐ列車のターミナルステーション、第2ターミナル路面電車とのアクセスが実現します。北京、天津、河北省をカバーする144時間の通過查証(トランジットビザ)免除制度も利用者に便利な政策環境を提供します。首都國際空港の利用者や順義區、北京市中心部、周辺地域の人たちが北京空港圏國際免稅シティの消費ターゲットになると見込まれています。

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS