会員登録

調查顯示收入影響教育需求(中國家庭教育支出調查「収入は教育需要に影響」)

2018-01-19 08:52:24     cri    

調查顯示收入影響教育需求

  前不久,北京大學中國教育財政科學研究所(簡稱"北大財政所")正式發佈了國內首個專門針對家庭教育支出的大型調查——2017年中國教育財政家庭調查結果(以下簡稱"調查")。

  調查顯示,我國家庭教育支出水準存在較大的城鄉和地區差異,其中,一線城市和東北地區最高,三四線城市僅為一線城市的一半。

  根據調查數據,全國學前和中小學教育階段生均家庭教育支出為8143元,其中農村3936元,城鎮1.01萬元。

  調查顯示,生均家庭教育支出不僅在城鄉之間存在較大差異,在不同地區和城鎮內部也存在差異。以義務教育階段生均家庭教育支出為例,按照東中西地區劃分,東北部地區最高,為1.1萬元;西部5567元,為東北部的一半左右;東部地區為8657元,中部地區為6382元。在城鎮內部,按照一二三線城市劃分,一線城市為1.68萬元,二線城市為1.12萬元,其他城市為7037元,佔一線城市的不到一半左右。

  調查顯示,中小學階段學生的校外教育總體參與率為47.2%,參與校外教育的學生平均費用約為5616元。可以說家庭很大一部分校外支出都投入在了校外教育上面。

中國家庭教育支出調查「収入は教育需要に影響」

 北京大學中國教育財政科學研究所がこのほど、國內初の家庭教育支出に関わる大規模な調查活動「2017年中國教育財政家庭調查」を実施しました。

 調查によりますと、中國の家庭教育支出において都市部と農村部の間に格差があり、その內、一線都市(北京、上海、広州、深セン)と東北地方の教育支出が最も高く、三線都市(三級都市)の教育支出は一線都市の半分に過ぎないということが明らかになりました。

 全國の就學前教育と小中學生教育の一人當たりの年間平均支出は8143元で、中でも農村部は3936元、都市部は1萬100元に達しました。一人當たりの平均教育支出の格差は都市部と農村部だけではなく、異なる地區間にも存在していることがわかりました。例えば、義務教育期間の學生平均家庭教育支出を例として、東北地區は最も高く1萬1000元に達し、西部地區は5567元で東北地區の半分にすぎず、東部地區は8657元、中部地區は6382元でした。また、都市部では一線都市は1萬6800元、二線都市は1萬1200元で、他の都市は7037元となり、一線都市の半分にも満たない狀況です。

 さらにデータによりますと、小中學校段階の學生による塾など校外教育の參加率は47.2%に達し、塾の學生の一人當たり年間平均支出は5616元となりました。このことから家庭教育の支出の大部分は塾によるものであることがわかりました。

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS