会員登録

No.005 キーワードチャイナ

2018-01-20 13:03:40     cri    


 キーワード①

 【大寒】(dàhán)[名]大寒;二十四節気の一つ.

 二十四節気で一番最後の節気で、一年中一番寒い時期に當たります。

 大寒の前の節気は小寒ですが、「小寒の氷大寒に解く」と言うように、近代の気象観測記録では、大寒より小寒のほうが寒かった地域や時期が多いようです。もちろん、一部の年、或いは一部の沿海地域では大寒の方が寒いこともあります。

 日本では、「寒仕込み」と言うように、この日の朝の水は1年間腐らないと言われ、この「寒の水」を使って、味噌、酒、醤油などと仕込んだと言われます。中國では、大寒の最後の日は節分で、翌日に舊正月を迎えるので、漬物や燻製を作ったり、舊正月期間中に必要な食べ物や飾り物を用意したり、神様や先祖を祭ったり、大掃除などをしたりします。

 年配の方や農業に従事する人たちは、節気に敏感です。若者は最近まであまり関心がなかったのですが、最近では、モーメンツ(SNSのタイムライン)などで節気毎にその特徴や関連行事、養生法などをリツイートする人が増えています。健康や自然に関心を持つ人が増えていることの証左と言えます。

 キーワード②

 【大V】(dàwēi)〔名〕(微網志(ウェイボー)の)有名人.

 最近、中國に多い漢字と英字を交えた言葉の一つで、ハイレベルのネットセレブを指します。

 微網志(ウェイボー)で実名登録し、管理會社の実名認証を受けたオピニオン・リーダーのうち、フォロワーの極めて多いユーザーを指しており、一部の學者、有名人、蕓能人などが含まれます。フォロワーの數が多いので、インフルエンサーとして一定の影響力を持つ存在です。「V」は本來VIPのことですが、ここでは「本人認証済み」の意味に使われています。フォロワーが50萬以上になると、「大V」として認められます。こうしたユーザーには、名前のところに「V」のマークがついています。

 これら「大V」は、フォロワーが多いことで、特ダネやゴシップを流佈したり、すっぱ抜いたり、逆に普通のユーザーが助けを求めたりする対象にもなりました。フォロワーが何百萬人もいるアカウントはある意味すでにメディアになっているとも言えます。

 また、他のSNSと同じく、そのアカウントをビジネスに利用する人もいます。その影響力でファンを集め、記事広告を発信して、広告料をとっている大Vもかなりの數に上ります。ビジネスをする場合、合法な內容ならよいのですが、數年前には「大V」がデマを拡散していることが話題になりました。

 そこで、2013年8月、國家インターネット情報弁公室はインターネットでのデマツイートの取り締まりを行い、特に「大V」のことを名指しで取り締まりました。そうして摘発された大Vの中には、フォロワーを増やすためにデマをでっちあげる人もいました。

 実名登録で信頼を集めるアカウントである以上、リツイートやコメントには責任を持つことが求められています。プラットフォームの信頼性のためにも、個點の良識と良心、信用度が求められる時代になっていると言えます。

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS