会員登録

中國中心都市ランキング、北京・上海・広州・深圳が上位(中國中心城市排名: "北上廣深"構成第一方陣)

2018-02-05 16:27:05     cri    

中國中心都市ランキング、北京・上海・広州・深圳が上位

 中國都市・郷鎮改革発展センターが1日北京で発表した「2017中心都市発展年次報告」によりますと、北京、上海、広州、深圳が上位4都市となり、成都、蘇州、武漢などの7都市が続くということです。

 調查結果では、この50の中心都市は4つのグループに分けられました。60點以上となったのは、北京、上海、広州、深圳の4都市、45∼59點は成都、天津、杭州、蘇州、武漢、重慶、南京の7都市、35∼44點は青島、寧波、長沙、西安、鄭州、無錫、大連、アモイ、瀋陽、仏山の10都市、そして35點以下は殘りの29都市となりました。

 國際の観點からは、北京の政治的影響力と人材吸引力がリードし、上海の窓口としての役割が目立っており、ほかの都市をはるかに上回っています。広州、深圳がこれに続き、成都、天津、重慶、蘇州、杭州、青島などは文化や経済、交通などの面でそれぞれの優位性を確立しました。

中國中心城市排名: "北上廣深"構成第一方陣

  中國城市和小城鎮改革發展中心1日在京發佈《2017中心城市發展年度報告》。在北上廣深(北京、上海、廣州和深圳)構成的"第一方陣"之後,成都、蘇州和武漢等七個城市構成了"第二方陣"。

  從榜單來看,這50個中心城市分佈在四個分數段:60分以上包括北上廣深(北京、上海、廣州和深圳)四市;45-59分段為成都、天津、杭州、蘇州、武漢、重慶、南京七市;35-44分段為青島、寧波、長沙、西安、鄭州、無錫、大連、廈門、瀋陽、佛山十市;35分以下為其他29個中心城市。

  在國家層面,北京、上海領先,廣州、深圳、成都其次;鄭州、重慶、武漢在交通方面有優勢,成都、杭州在文化影響方面有優勢,成都、南京、武漢在創新能力方面有優勢。

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS