会員登録

6月10日・とうもろこし迷路で大暴れ

2015-06-17 14:19:02     cri    

 とうもろこしの季節がやってきました!大のとうもろこし好きな私は今回、中継の見學で日本のとうもろこしに急接近しました。

 中國のとうもろこしは沢山の品種がありますが、主に甘いスイートコーン類と粘點觸感のワキシーコーン類に分けられています。今回の番組で紹介されたとうもろこしは日本スイートコーン類の有名4姉妹:きみひめ(一番糖度が高い19度)、ミルフィーユ、甘甘娘とゴールドラッシュ(県內生產量一位)です。
 そこで、今が旬で今月一杯までが食べ頃のとうもろこしを狩りに行きました!やってきたのは昭和町にある「やさい園みない」。なんと山梨県內最大級のショッピングモールのすぐ隣!畑とショッピングモールがこんなに近いのは初めて見ました。

 子供たちにもっと農業に興味を持ってもらうため、ここではとうもろこし畑を巨大迷路に変身!5000本のゴールドラッシュがぎっしりで、中に入ると一面緑の壁に。

 とうもろこしは一本約140キロカロリーで、主成分が炭水化物ですので、スポーツや勉強中の子供のおやつには最適です。またビタミンBとEが豊富で、効率よく栄養を吸収でき、美しくなりたい女性(私)の味方!腸を綺麗にしてくれて、子供からお年寄りまで大好物のとうもろこし畑に入りました!

 

 とうもろこしを正確にとる方法を教えて頂きました。一つの手で莖を抑え、もう一つの手はとうもろこしを握り、下に落とす感じで採ればやりやすいそうです。ちなみに美味しいとうもろこしは穂が茶色く、いっぱいついていて、持っているときズシっと重さがあるものです。そして朝採りは身が締まっていて一番おいしく、晝間は身が緩めになり、夜は気溫次第で美味しさも変わってきます。

15分もかけてやっと迷路から脫出成功。前腕の長さと同じくらいの立派なゴールドラッシュをゲット!生で食べましたが、ジューシーでとても甘かったです。

 このやさい園ではとうもろこし以外にいちご、トマト、米や玉ねぎを栽培しているそうで、いちご栽培のビニールハウスに入ってみると、來年に向けて小さな葉っぱを出しているいちごが沢山ありました。

 そして、いちご(苺)は子寶の象徴であることから、こんなパワースポットがすぐそばに!ピンク色の可愛らしい神社∼私にはちょっと早いか…

 今回は初めて中継車の中で見學しました。音聲や畫面の切り替え、そしてスタジオとの交流など、複雑でとても勉強になりました。

 この高い臺の上にもカメラが一台ありまして、(ちょうどここに臺があってよかったなぁ∼)と思ったら、なんとこの臺は組み立て式で局から持ってきたもの!片づけもわずか2分間。感心しました!

 

 周りには田んぼや一斉に咲き誇るアジサイ、美しい空の下のとうもろこしも一層おいしく感じられました。迷路は今月一杯まで楽しめますので、ぜひ遊びに來てください!

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS