会員登録

【怡康アナin山梨】8月30日・また逢う日まで

2015-09-02 10:39:19     cri    

 私が不安と興奮の気持ちを抱えて甲府の地に降り立ったのは、2015年3月6日でした。まだ梅が咲き誇る肌寒い頃でしたが、春の気配はもうすぐそこまで來ていました。新しい住処の前で気合を入れて一枚!これが、私にとってかけがえのない大切な研修生活の始まりでした。

 UTYとCRIのこの長年に亙るアナウンサー育成プロジェクトは、山梨に住む95歳の神宮寺おじいさんが「仲人」でした。10年前までの研修生達は、皆研修期間中に神宮寺家でホームステイしていました。

 まるで素敵な夢を見ていたみたいで、目が覚めたらもう帰國の日が迫ってきました。この文章も「怡康アナin山梨」の最後の內容になりますので、山梨での半年間を纏めて振り返って見ようと思います。

 親しみを感じさせる研修先のテレビ山梨。ここで半年間の研修生活を送りました。

 

 始めの主な研修內容はアナウンス方法の勉強、テレビ局に関する知識の吸収や番組製作の見學などで、いつもロケの見學をして、アナウンサー達の立ち振る舞いや言葉の使い方、フリートークの內容などを勉強していました。

 そして4月15日、いつもの様に中継の見學をするつもりで行ったら、「張さん、番組出て見ない?」と聞かれ、こうして突然の幸せが訪れました。そこから少しずつ番組に出させて頂き、山梨の美味しい食べ物、職人の巧みの技、華麗な薔薇、活気に溢れる學食、魂が飛んだお化け屋敷や念願の富士登山などを経験し、実踐を通して沢山の知識を學ぶと同時に、山梨の魅力を體感しました。

 仕事以外の自由時間は、大自然の中を駆け回り、毎日綺麗な夕焼けを見て感動したり、山梨の名所舊跡で歴史と文化を感じたり、お米の種まきや旬の果物狩りをしたり、様點なイベントに行ったりと、都會では中點體験できない面白いことをたくさんしました。

 山梨県外も色點回り、以前の文章で紹介した心を揺さぶられる被災地の旅、禦開帳の旅、慰霊碑禮拝の旅以外にも、8月8日と9日には長野県日中友好協會青年委員會と女性委員會の主催による第50回日中友好キャンプに參加しました。場所は程永華大使、汪婉參事官夫妻が嘗て訪れ、中國の九寨溝に似ていると「小九寨溝」と命名した綺麗な上高地・小梨平キャンプ場です。留學生や中國大使館の方點、國際交流員、友好協會會員メンバーなど60人余りと共に、大正池や明神池コースを散策したり、バーベキューとカレーを力を合わせて作ったり、20年ぶりに日本のラジオ體操をしたり、夜遅くまで語り続けたりと、楽しい2日を過ごしました。両國の皆さんの交流が深められ、日中友好が一層育まれたと感じました。

 あっという間に過ごした研修生活。戀しい山梨、そして半年間お世話になったテレビ山梨の優しい皆さんとお別れするのはとても淋しいですが、ここで勉強した知識を生かし、頂いた元気と勵ましの言葉を原動力に、再會の日を楽しみにしながら頑張っていこうと思います。180日間、本當にありがとうございました!


アナウンス部の皆さんと

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS