会員登録

第二十回:中日友好の明日を支えるヤングパワー

2016-09-23 10:59:41     cri    

 羽賀みゆきさん。今年の夏、中國伝媒大學を卒業したばかりのほやほやの社會人。2014年から中日學生交流団體・freebirdのメンバーとして様點な學生イベントで活躍中。將來はメディア人として精一杯頑張りながら中日の懸け橋として両國の友好事業に力をささげたいと話しました。

 日本人と中國人のハーフである父親と中國人の母親といった國際色の濃い家庭に生れ育った羽賀さんは、中日交流事業に攜わったことは運命のように感じられると言います。北海道生まれの東京育ち、そして小學時代は中國山東省で過ごしたというユニークな経験も、中國への進學やfreebirdでの活動につながったようです。中學と高校はまた東京に戻りましたが、高校生として進路を考えた時、TVに映るニュースレポーターの姿があまりにもかっこよかったので、メディアの道を進もうと心に決めました。またバイリンガルなことろをを生かすためにも中國の大學しかないと思って、中國伝媒大學へ進學することができました。

 留學生活はとても充実で実り豊かな4年間、特に校內TV放送での日點はかけがえのない経験になったと、羽賀さんは少し興奮気味に話してくれました。もちろん、メディアを専攻しながら中日友好のために何かできないかと考えていました。そんな時、2014年に中日學生交流団體・freebirdと出會いました。「日中関係をより良いものにするため、學生にできることをする」という考えの元、2005年2月に結成されたfreebird、これまで様點な學生イベントを手掛けてきましたが、特に、2012年以降、中日関係は芳しくない狀況が続くなか、中日の間で開催される大型合宿イベント「∼TRIPシリーズ」を進めてきました。2014年は上海、2015年は東京、そして2016年は『CHINATRIP2016』(8月14日から8月23日)として北京で開催されることとなりました。「オリンピックを通して考える日中両國の國民性」をテーマにした今年のイベントは、旬な話題にちなみながら、スポーツという新たな角度から中日関係を見直せる企畫として大いに期待されています。羽賀さんが所屬するfreebird北京支部が大役を果たすイベントで、留學時代最後の夏を締めくくるイベントにもなるので、羽賀さんは非常に楽しみにしているそうです。

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS