会員登録

第二十一回:趣味の秋∼ルービックキューブの魅力に迫ろう∼

2016-10-27 18:52:18     cri    

 浜田祐一さん、山口県出身。2013年から家族帯同で北京に赴任。社內では特許関係の仕事に攜わり、アフリカ・ガーナとオーストラリア・シドニーに続き、今回は3回目の海外駐在となります。12年前、移動時間の暇つぶしにとルービックキューブを手に飛行機に乗り込んだ浜田さん。以來、その小さな空間に詰まった魔法のような魅力に引かれ、ルービックキューブの世界にすっかりはまってしまいました。ルービックキューブの魅力といえば、「誰でも知っている。でも完成できない」という高い認知度がありながら神秘感もあり、6面をそろえた瞬間の達成感、満足感が味わえることだと言います。老若男女だれでも楽しめることから、子どもと一緒遊ぶことにより、家族団らんのひと時も作れます。

 日本にいた頃から初対面の人との緊張感をほぐすための手段として、皆でルービックキューブなどのパズルキューブ(以下、キューブ)の魅力を楽しめたらという思いから、浜田さんはくるくる會(酷酷會)を発足させました。北京に赴任後も、このくるくる會を継続して開催しています。インターネットから參加者を募集し、レストランや會議室などでじっくりとキューブと向き合い1時間ほどを過ごします。これまで44回開催し、220人以上が參加しました。參加者はほとんどがキューブの初心者でお互い見知らぬ人ばかり。黙點と手を動かすなかで、言葉を超えた何かが生まれ、言葉を交わさなくても、いつの間にか和やかな雰囲気になるのです。この毎回の集いの様子を浜田さんはくるくる會のHPに掲載しています。

 そして今年の秋、くるくる會は北京日本倶楽部の秋まつりに初出展、ステージではパフォーマンスも披露しました。屋外でどんなパフォーマンスを見せてくれたでしょうか?

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS