会員登録

北京のタクシー

2011-01-13 15:14:22     cri    























autostart="true"


















src="mms://media.chinabroadcast.cn/japanese/chinalife20110113.wma">BR>



type="video/x-ms-wmv"













width="300"



height="44">

 タクシーはある意味で、その都市の顔と言っても過言ではありませんね。今回は北京のタクシーにスポットを當ててご紹介します。

 北京のタクシー、色は黃色に、青・紫・緑・茶色のいずれかとのツートンカラー。初乗りは10元、日本円でおよそ130円で、3キロ以上になると、1キロ増すごとに2元、日本円でおよそ30円ほど加算されます。夜11時から翌朝5時までは深夜割増料金として20%加算されます。北京市內を移動するのに、一番便利な交通手段として人點に愛用されています。

 ここ數年、北京の地下鉄線が一気に増えましたが、全地域まで、路線が延びるのは、まだまだ時間がかかりそうですね。バスの乗り換えは面倒なので、出かける場合、まずは地下鉄に乗って、近くまで行ってからタクシーに乗るのが、一番便利な方法です。

 東京にいる皆さんは東京でよくタクシーを利用していますか。たぶん乗る必要はありませんね。どこへ行っても電車や地下鉄の乗換えが便利ですから。また、東京のタクシー料金は本當に高すぎます。逆に北京では、乗車料金はそれほど高くないのでタクシーは一般市民の生活に欠かすことの出來ないものです。市內の主な通りでは、たくさんのタクシーが走っていて、拾い易いですよね。また、メーター制ですから、メーターを倒さないでトラブルになるようなことも余りないですね。ただし、日本と違うのは、ドアは自動で開きませんから、自分で開け閉めする必要があります。

 では、北京で最初のタクシーはいつ頃出來たのか知っていますか。

 歴史の記録によりますと、北京で最初のタクシーは1913年、東単にあるフランス人経営のタクシー會社でした。當時の車種はアメリカ製のフォードモデルTでした。主に中國駐在の外國商社にサービスを提供していました。また、1930年代以降、タクシー業は北京で盛んになり、車種はアメリカ車を中心としました。日本でいうと、ハイヤーみたいなものだったんですね。東単は王府井辺りですね。昔からの繁華街です。でも、1920年代や30年代のことなら、人力車のほうがタクシーよりも普通していたんじゃないですか。

 

 新中國が成立してから、北京のタクシーは十數臺しかなかったし、市民生活からかけ離れた遠いものでした。そして改革開放を迎えた1980年代に入って、北京のタクシーは本格的な発展を迎え、1984年から、パンの形をした黃色いワゴンタクシーがあちこちを走るようになりました。北京市民に「面的」と親しく呼ばれていました。ミニパンタクシーの意味です。中國語では「タクシー」は「的」に「兵士」の「士」と書いて「的士」と言いますから。黃色いパンのようなワゴンタクシーは「面的」と言うようになったのです。

 1980年代の半ば頃から、90年代の末まで、このような黃色いワゴンタクシー「面的」は、北京の一大風景となりました。當時、北京を訪れたことのある方はきっと印象があるでしょう。でも、このようなワゴンタクシーは、汚れていて、見た目も悪く、さほどスピードも出ないし、故障が絶えないなどの理由で、1998年に全面撤去されました。その後、北京のタクシーは天津自動車工場の生產した「夏」に「利益」の「利」と書く「夏利(シャレード)」の時代を迎えました。赤いシャレードは北京タクシーのニューフェースとなりました。でも、このようなタクシーにはエアコンがなかったので、夏になると、大変暑かったですね。いよいよ北京オリンピックを迎えるため、2006年、北京のタクシーはもう一度生まれ変わりました。車種は韓國ヒュンダイ自動車との合弁會社・北京現代自動車のソナタとエラントラで、色は黃色と青・紫・緑・茶色のいずれかとのツートンカラーです。値段も今の初乗り10元、3キロ以上、1キロに2元の加算となりました。

 北京オリンピックをきっかけに、北京の交通がよく整備されましたね。タクシーがとても綺麗になりました。エアコンも付いて、夏は暑くないし、冬は寒くない、乗り心地はずいぶん快適になりました。また、體の不自由な方、例えば車椅子をご利用の方に便宜を図るため、一部バリアフリーのタクシーも導入されました。さらに、低炭素のエコ理念を提唱し、北京のタクシーにはハイブリッドカーも現れるようになりました。北京では、地下鉄やバスといった公共交通機関が市內を網羅していますが、慣れない方にとっては迷ったり、時間が読めないなど、不安な部分も多いですね。その點、タクシーは確実に目的地まで連れて行ってもらえるので、気軽に利用できて、とても便利です。

 いま、北京のタクシー會社は137社あり、タクシーの數はおよそ7萬台あるということです。深夜でも繁華街やホテルの前なら、簡単に拾うことが出來ます。でも、一部地下鉄の乗換駅や、空港、駅、繁華街では、自家用自動車を用いて無資格で営業している「黒車」が多いので、ぜひ気をつけてください。日本と逆に、中國では、「白タク」のことを「黒」に「車」と書いて、「黒車」と言いますね。北京では、きちんと認可されているタクシーのカーナンバーは、頭に 北京の「京」とローマ字の「B」があります。それ以外のナンバーに「白タク」が多いです。タクシーをご利用の場合、降りるときぜひ領収書をもらってくださいね。萬が一、忘れ物をしたら、領収書記載のタクシー番號がわかれば特定できます。

 最後にもう一つ、ガソリン価格の上昇によって、いま、北京でタクシーに乗る場合、3キロ以上走れば、燃料稅が取られます。均一で人民元の1元となります。以上、「北京暮らし」、北京のタクシー事情についてご紹介しました。ここで一曲をお屆けします。孫小寶の「出租車(タクシー)」、どうぞお楽しみください。(「イキイキ中國」より)

関連ニュース
関連內容
v 2010年チャイナライフキーワードTOP10(後半) 2010-12-30 16:51:44
v クリスマス in 中國 2010-12-23 11:51:02
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS