会員登録

北京のお手伝いさん事情

2011-01-20 14:50:31     cri    
























autostart="true"


















src="mms://media.chinabroadcast.cn/japanese/chinalife20110120.wma">BR>



type="video/x-ms-wmv"













width="300"



height="44">

 生活レベルの向上、そして、生活リズムがだんだん早くなったため、北京や上海のような大都市では、ますます多くの中國人の家庭でお手伝いさんの姿が見られるようになりました。中國では、お手伝いさんのことは「保姆」、若しくは「家政服務員」と呼ばれています。日本の「家政婦」の意味です。

 大まかに分けると、雇い主の家に住み込む場合と、一緒に住まずに毎日出勤する場合の2パターンあります。さらに、時間ごとにサービスを提供し、時給で計算するパートの「小時工」もありますし、新生児やお產を終えたばかりの人の世話をする「月嫂(ユエサオ)」と呼ばれる人もいます。

 「月嫂」は產後1ヵ月間、產婦や新生児の世話をする専門の家政婦のことで、掃除や洗濯、母體の回復や母乳を出すための料理を作るなど、家事全般に加え、新生児を育てるための指導や、赤ちゃんの世話までしてくれます。ほとんどは泊まり込みの24時間體制ですから、 夜泣きにも対応してくれて、お母さんが睡眠不足に陥ることはありません。ですから、いま、北京では、ちょっと裕福な家庭なら、月嫂探しは新生児を迎えるために欠かせない用意の一つになっているようです。新米ママにとっては、とっても心強い味方で、給料は北京では、だいたい月に3000元か4000元ぐらいです。経験豊富な人なら月に5000元から6000元ももらえますよ。日本円の4萬か5萬円ですね。優秀な方なら、7、8萬円ぐらいもらえるということです。

 それに北京では、一般のお手伝いさんの月給は2000元から3000元程度で、日本円の2萬5千円から4萬円ぐらいですね。そのうち、お年寄りや體の不自由な方の世話をするヘルパーのようなお手伝いさんは、もう少し高いそうです。お年寄りや體の不自由な方の世話をするには、ある程度の醫療知識や技術が必要ですから。ところで、パートの時給は一般なら、1時間15元から30元程度です。日本円の180円から360円程度。でも、掃除をしてくれるパートさんより、料理を作ってくれるパートさんの時給のほうが高いです。昔は一緒にやってくれるのが普通でしたけど、今は家事の內容がだんだん細かく分けられるようになりました。子供の登校送迎や、犬の散歩をしてくれるお手伝いさんまで出てきました。

 日本ではまず子どもの送迎は幼稚園までで、親の仕事ですし、わざわざ他人に頼むほどのことではないと考えますね。中國では共働きが一般的で、北京はとても広いですから、學校から家までかなり遠いんです。ですが殘念ながら、日本やアメリカのような學校の送迎バス制度が普及されておらず、子供の登校送迎は大きな家事となっています。一部の家庭では、お爺ちゃんやおばあちゃんは孫の登校送迎に立ち會ってくれますが。お爺ちゃんやお祖母ちゃんに頼らない家庭は、家政婦サービスに頼らざるをえません。

 これらのお手伝いさん、北京や上海のような大都市では、ほとんどは地方からの出稼ぎ者です。または都市部でリストラされて再就職する40代や50代の女性も多いです。大學生の就職難が続く一方で、家政サービスのニーズがどんどん高まり、大學を卒業した若い人も家政婦という仕事を選ぶ人がますます増えているようです。最初は、きっと抵抗感がありますね。せっかく大學を卒業したのに、家政婦になるなんて、もったいないなぁ、と思う人も少なくないでしょう。でも、職が見つからずに卒業してすぐ失業者になるより、月に3000か4000元ぐらいの給料がもらえるのは魅了的でしょう。また、大卒生のお手伝いさんは子供の宿題なども面倒をみることができますので、一般のお手伝いさんより人気が高く、給料も高いそうです。就職氷河期ですからね、家政婦になって、お金を手に入れるのは、親のすねをかじるよりましですね。

 また、もう一つ、いま、一部富裕層の家庭に、フィリピン人の家政婦さんの姿がよく見られるようになりました。フィリピンの家政婦は英語もぺらぺらですから。子供の二ヶ國語教育に有利だとよく言われています。でも、給料も一般のお手伝いさんより30%高いそうです。

 ところで、もし北京でお手伝いさんを探したければ、家政サービスを提供する會社「家政服務公司」が沢山あります。そこへ行って、自分の要求を伝えれば、お勧めの人材をリストアップしてくれます。ほとんどの場合、面接がありますので、いろいろ聞けます。家政婦さんは北京のほうが身近な存在になっています。(「イキイキ中國」より)

関連ニュース
関連內容
v 北京のタクシー 2011-01-13 15:14:22
v 2010年チャイナライフキーワードTOP10(後半) 2010-12-30 16:51:44
v クリスマス in 中國 2010-12-23 11:51:02
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS