会員登録

現代人の都市症候群

2011-05-05 13:06:15     cri    






















autostart="true"

















src="mms://media.chinabroadcast.cn/japanese/chinalife20110505.wma">BR>



type="video/x-ms-wmv"












width="300"


height="44">

 中國では、このほど、上海のある外資係會計所に勤めていた25歳の女性が過労死しました。このニュースを受けて、インターネットや多くのメディアでは、「過労死」と都會人の生活ストレス、都市症候群などの話題が注目を集めています。

 いま、都市で働いているサラリーマンたちが、よく口にする言葉は「疲れてますね」っていう一言です。先月、上海で若い女性が過労死したというショッキングな事件を受けて、「過労死という言葉は、人點の注目を集め、この若い女性は職業病だったのではないかと議論されています。都市生活にはストレスが多くて、つねに體が緊張狀態にあります。仕事のプレッシャーや生活コストの向上、また、人との付き合いの煩わしさ、現代人は多くの試練に曬されていますね。特に今は、経済発展が早く、競爭も激しくなっています。多くの職場では、殘業は日常茶飯事のことになっています。

 中國の『工人日報』の調查では、いま、中國の大都市では、6割以上のホワイトカラーは過労の危機に瀕しているということです。このアンケート調查は2079人のネットユーザを対象に行われ、そのうち回答者の54.93%を佔める1142人が「よく殘業する」と答えています。さらに、そのうちの73.6%は「非常に疲れている」と答えました。仕事に専念してよく頑張るのはいいんですけど。適度な休息も欠かせません。人間は機械ではないから、よく休まないと、體のいろんな機能がうまく働かなくなるんでしょう。それから忙しいと不規則な生活にもなります。

 過労死のような都市症候群の予防について、専門家はいろいろなアドバイスをくれました。例えば、夜遅くまで働く人たちは魚やクルミ、松の実などをたくさん食べたほうが脳にいいとか、朝食に黒ゴマ、黒豆の入れたミルクや豆乳を飲むとか、午後に、菊の茶やバラの花茶などを飲んだほうが神経を緩めるのにいいなど、いずれも簡単に出來る方法です。菊のお茶を飲むなんかは、すぐ実行できますね。よく休んだ上で、飲食の健康管理にも気を配らなければならないということです。

 また、時間を作って運動するのも大事ですね。特に、オフィスで仕事する人なら、2時間ほど仕事してから、廊下や窓際で外の景色を眺めたり、手足や頭、首、腰を動かしたりしたほうがいいということです。あくまでも、オンとオフの時間をバランスよく調整すべきです。

 そして、友人や家族との話し合いもストレス解消の良い方法です。仲の良い親友の慰めに癒されれば、気持ちも自然によくなりますから。やはり家族と友人との付き合いを大切にしなければなりませんね。ちなみに、吉野さんはどんな方法を利用して、ストレスを解消していますか。

 ここでは、三つの方法を薦めます。一つは、シャワーを浴びること。疲れたとき、シャワーを浴びると自然にすっきりしますね。二つ目は、癒し係の音楽を聴くこと。音楽は心を癒す最高の薬だと言われていますから。最後は一番直接的な休みの方法です。つまり寢ることです。どんなに悩みがあっても、ぐっすり眠れば、気分も自然に直りますよ。

 上海社會科學院は92人の過労死をした人を、調查しました。その結果では、過労死のうち男性が女性を上回り、年齢は44歳前後だということです。また、過労死が発生しやすい四大業種も明らかにされました。1位は科學教育業、2位はIT業、3位は警察、4位は、殘念ながら、マスコミ、メディアだということです。確かに、いま、突発的な事件が多くて、スクープを手に入れるため、報道陣はプレッシャーもあるし、たいへん苦労してますね。世の中の起こる事件があまりにも多すぎますね。また、インターネットでは、各業界の過労指數も発表されました。そのうち、1位は不動產業、次はIT業、建築業、広告業、保険業の順となっています。

 また、都市部のサラリーマンの殘業時間も人點の注目を集めています。中國の大手人的資源會社の「智連招聘」がこのほど上海で行ったアンケート調查によりますと、上海では、9割以上のサラリーマンが殘業した経験を持っています。そのうち、7割の回答者は常に殘業し、35.%の回答者は毎週10時間以上も殘業しているということです。

 毎週10時間以上の殘業、すると、毎日平均で2時間ほど殘業しています。経済発展は社會の進歩にとって重要ですけど、それはすべてではありません。體の健康を代価にした富は、いったいどれぐらいの価値があるのか、都市部で働いている人點に考えてもらいたいんです。(「イキイキ中國」より 05/05)

関連ニュース
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS