会員登録

無錫市女性創業者・顧九妹

2011-12-14 13:39:35     cri    



">




















src="mms://media.chinabroadcast.cn/japanese/20111214wuxi.wma">BR>



type="video/x-ms-wmv"





width="400" height="44">

 世の中にいるあらゆる人が夢を持っています。無錫市北大街に住んでいる50歳を過ぎた顧九妹さんは10年前にリストラされた後、アルバイトやセールスマンなどの仕事をしたことがあります。そして自らの夢を実現するため、起業を起こしました。

 2009年、顧九妹さんは労働・社會保障部門が失業者向けの無料再就職養成コースに參加しました。その後、手編み工蕓品をやりたいと思う顧九妹さんは政府から3萬元の無償融資を受け、ニットショップ・「九妹アクセサリー店」を開きました。顧さんは店を経営すると共に、より多くの失業者を助けるため、専門講座を開き、自らの技能を人點に教えています。

 顧九妹さんは「私もリストラされたものですから、失業した彼女たちを助けたい。今講座に參加する人は徐點に多くなってきた。彼女たちもこのビーズ編みに興味を持っている。発注をもらった後、彼女たちにやってもらっている。50人あまりいる。これは雙方にとって有利なことだ。講座に參加した人點は自力でお金をもうけるという認識が強い。一部の人は自分の店を持ちたいと考えている」と述べました。

 政府の支援を受けながら、顧九妹さんが助けた人の多くは自分の店を持つようになり、住んでいる団地で店を開いた人も少なくありません。

 毎月の18日は、無錫市の起業者デーです。創業者が作った作品を販売する市場にある顧九妹さんのブースは一番目立つところにあり、顧さんが編んだ筆立てやバッグなどは多くの女性客の注目を集めています。

 また、毎年3月8日の「國際婦人デー」に、顧九妹さんは自ら編んだビーズ工蕓品の競売を行い、その収入を団地に住む貧しい人點に寄付します。このほか、顧さんは今まで貧困地域からの大學生50人あまりに手編み技術やビーズ編技術を教えました。

 現在、多くの人は顧九妹さんの店でその技能を勉強しています。そして共同努力の下で、數十種類の手編み技術がここで生まれました。コスト30元しかかからなかった手作りのバ���グは市場で100元あまりの値段で売られています。

 顧九妹さんは「家に飾れば、美しいじゃないか。友達と親戚はこの作品を見て、綺麗だと評価してくだされば、私も満足する。リストラされた當時、何ができるかと考え込んだ。両手があるじゃないか、手さえあれば、お金を稼げるし、家族を養うことができる」と述べました。

 このほど、顧九妹さんは無錫市最良創業スターの稱號をもらいました。まもなく、顧九妹さんは新しい店を開き、その製品もビーズ編みから糸編みまでとなっています。

 今後のことに觸れ、顧さんは「奮闘し努力するしかない。奴隷にはなりたくなく、將軍になりたいと前から思っていた。社長となり自らの天地を切り開いていきたい」と大きな夢を膨らませています。

関連ニュース
関連內容
v 無錫濕地環境の回復(後半) 2011-11-30 10:38:24
v 濕地環境の回復(前半) 2011-11-16 15:39:38
v 恵山泥人形(後半) 2011-11-02 14:14:10
v 恵山泥人形(前半) 2011-10-19 11:15:02
v 伝統工蕓「小麥粉人形」の伝承者─陳瑜 2011-10-05 14:04:40
v 無錫・台北直行便開通 2011-09-21 14:43:53
寫真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱點
快楽學唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS