会員登録
• 観察眼INSIGHT 第2回 同窓會・同郷會から考える中國社會

 中國に來て21年目になることは前書きで書いた通りだが、なんでまたそんなにいるのかは書いていなかったと思う。今から考えると噓のようだが、私は足掛け10年ほどを中國に學校で過ごしたせいで、本當に文字通り気づいたら20年経っていたのである。中國で最後に學校の敷居を……

• 観察眼INSIGHT <第一回>視聴率50%超え?!空前の大ヒット作『人民的名義(人民の名の下に)』に見る中國社會

 収賄疑惑のある副市長が、腐敗賄賂防止局員ら衆人環視の下で姿を消した影には、官僚の世界に深く根を張る巨悪が息を潛めていた———
 今、主旋律(黨の指導方針に沿った題材)TVドラマ『人民的名義(人民の名の下に)』が異例とも言える空前の大ヒットを記録している。「反腐敗大型ドラマ」を枕詞にしたこの重點しくも珍しい「ポリティカル・エンタテインメント作品」は…

More>>
北京:輝く夜景で「一帯一路」の盛會を迎え
 5月10日、シルクロード星空——「一帯一路」國際星空撮影展覧は北京天文館(科學館)で開幕し、37人の中外撮影家の56つの星空撮影作品を出展した。
中國郵政、「一帯一路」國際協力サミットフォーラム記念切手発行

 中國郵政が14日、「『一帯一路』(the belt and road)國際協力サミットフォーラム」の開催を記念した記念切手を発売した。1シートに1.2元(約20円)切手が8枚付いている。人民網が報じた。

More>>