AちゃんのChina now_fororder_1040-2
1

  • 売上10億円!Aちゃん ライブコマース 初體験

    第4回中國國際輸入博覧會(中國・上海)の開催期間中、Aちゃんは中國のライブコマース業界で「最強の男」と呼ばれている李佳琦さんと一緒に「2021アジア・アフリカショッピングガラ」というイベントに參加して、中國の消費者に日本人女性の化菄kや日本の商品を紹介しました。

  • Aちゃんのカフェめぐり:延吉市の労頂笨カフェ

    Aちゃんのカフェめぐり:延吉市の労頂笨カフェ

    今回は、延辺地區にしかない労頂笨カフェをご紹介します。このカフェショップはわれわれが普段行くカフェとちょっと違っています。お客さんはほぼ全員、ふわふわかき氷を食べています。

  • 韓國に來たような感覚:延吉大學城

    韓國に來たような感覚:延吉大學城

    延吉市の面積は大きくありません。市內だったら、どこに行くにも、タクシー10元か15元(約160円~240円)前後で足ります。旅の前に、ネットで延吉市の観光スポットを調べてみると、若者に向けて、一番おすすめの場所はこの「延吉大學城」でした。

  • 韓國に來たような感覚:隆瑪特スーパーマーケット

    韓國に來たような感覚:隆瑪特スーパーマーケット

    延吉市の旅で、漢族の私にとってとても面白い所は、ハングル文字をよく見ることです。現地の友達が「隆瑪特」というスーパーマーケットを紹介してくれました。スーパーの中はハングル文字の商品が80%以上を佔めています。

  • 秋を迎える北京 黃金色のイチョウ並木が輝く季節に

    秋を迎える北京 黃金色のイチョウ並木が輝く季節に

    北京の秋は短いけど、黃金に染まるイチョウ並木が、ベストシーズンを迎えているようです。11月はじめの週末には夢を見ているような雪が降って驚きましたが、イチョウの葉はまだ殘っていました。気溫の低下に伴い、北京市の地壇公園のイチョウは黃色に染まり、見ごろを迎えています。ということで、今週末は北京の秋の色を撮りに行きました。

  • スターバックスで世界遺產と會おう!_fororder_IMG_4685.JPG

    スターバックスで世界遺產と會おう!

    11月初頭、中國初の世界遺產をテーマとするスターバックスが正式に開店しました。コーヒーが大好きなAちゃんはもちろん、急いで見に行きました。

  • 國境線にある防川市 展望臺で中國・朝鮮・ロシアを見てみよう

    國境線にある防川市 展望臺で中國・朝鮮・ロシアを見てみよう

    延辺朝鮮族自治州は國境に位置していて、外國と接する場所がたくさんあります。前の旅では、防川景區という國境線にある観光スポットに行きました。なんとここから中國、ロシア、朝鮮三カ國が一気に見えるそうです。

  • <獨佔インタビュー>3時間の売り上げ10億円超!Aちゃんが「口紅王子」李佳琦に聞く

    <獨佔インタビュー>3時間の売り上げ10億円超!Aちゃんが「口紅王子」李佳琦に聞く

    中央広播電視総臺(CMG)アジア・アフリカ放送センターは6日夜、同地域の良質な商品を紹介するライブコマースイベント「2021アジア・アフリカショッピングガラ」を催しました。3時間での成約額は6100萬元(約10億8300萬円)を超え、成約件數は40萬件近くに達しました。Aちゃんはイベント終了後、中國トップインフルエンサーの李佳琦(リー・ジャーチー)さんを取材しました。

  • 売上10億円!Aちゃん ライブコマース 初體験

    売上10億円!Aちゃん ライブコマース 初體験

    第4回中國國際輸入博覧會(中國・上海)の開催期間中、Aちゃんは中國のライブコマース業界で「最強の男」と呼ばれている李佳琦さんと一緒に「2021アジア・アフリカショッピングガラ」というイベントに參加して、中國の消費者に日本人女性の化菄kや日本の商品を紹介しました。

  • 延吉市・水上市場で朝ごはん 300円でお腹いっぱいに

    延吉市・水上市場で朝ごはん 300円でお腹いっぱいに

    今日の旅は朝5時からスタートして、ホテルから車で15分ぐらいのところにある水上市場に行きました。水上市場といっても、川の上ではなく、川のすぐそばにある市場のことです。毎朝5時から8時半まで行われているので「早市」とも呼ばれています。延吉市で最も人気のある市場だそうです。

  • 「南海子ヘラジカ苑博物館」でヘラジカと會いましょう

    「南海子ヘラジカ苑博物館」でヘラジカと會いましょう

    今日は、北京市大興區にある「南海子ヘラジカ苑博物館」に來ています。博物館には「ヘラジカ・滄桑展」と名付けられた、ヘラジカと自然や文化との関係を紹介する展示のほか、世界の絶滅動物を悼む(いたむ)エリアや、環境保護がテーマの壁畫(東方護生壁畫)などがあります。